ご挨拶

当施設は、1988年(昭和63年)山梨県初の介護老人保健施設として開設されました。介護老人保健施設は、高齢者の自立支援を促し家庭への復帰を目指すために、医師、看護、介護、リハビリテーション、ソーシャルワーカー、管理栄養士などのスタッフによる総合的なサービス提供をする施設です。

県内唯一の超強化型老健施設として在宅復帰機能を機能強化するとともに、全国老人保健施設協会の実地研修施設にも指定され研修生の受け入れをしています。今年度は在宅復帰・支援に加えリハビリテーションの研修施設としても認定されました。このことにより、職員に対する教育も進歩していくものと考えています。また、業務の質を底上げするため第3者評価の認証を受けるべく準備を進めていくなか、まずは内部評価を進めていく予定であります。

在宅サービスは「選択と集中」の目標から「医療と介護と地域の連携」に目標を変更し、連携を重視した事業展開を実施することにより、在宅で生活する限界が高まることが期待され、地域包括ケアの実践がさらに進化されることが期待されます。

 これからも「心をこめ保健・医療・福祉で地域に貢献」の法人理念のもと、地域に根差し開かれた施設として皆さまが地域で安心・安全に暮らせることが出来ますようにお手伝いさせていただければ幸いです。

施設長 佐藤 吉沖