地域包括ケア推進部

地域包括ケア推進部長からのメッセージ

地域包括ケア推進部は、「グループ・法人の理念に基づき地域貢献を実践する部」です。国は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて地域包括ケアシステムの構築を急いでいるところです。このシステムは、各地域の実情、環境や住む人の実態に合わせてみんなで作り上げていく必要があり、これを支援していきます。

部内には、山梨県の委託事業としてすでに実績のある峡東地域リハビリテーション広域支援センター、山梨県高次脳機能障害者支援センター、笛吹市の委託事業として運営する笛吹市東部長寿包括支援センターがあります。地域リハビリ推進課では、フレイル予防、認知症カフェ、災害リハ、プロボノ、訪問指導、地域開放事業という担当部署があります。中でもフレイル予防は、昨年度から笛吹市で開始されたフレイルチェックを支援しています。地域を元気にする部を目指して活動していきます。

地域包括ケア推進部長  磯野 賢

山梨県高次脳機能障害者支援センター(山梨県委託事業)

当センターは、高次脳機能障害を持つ方やご家族の相談に応じ、それぞれの抱える課題や事情に沿いながら、医療・福祉・就労・教育等の関係者と連携して支援を行う相談機関です。

峡東地域リハビリテーション広域支援センター(山梨県委託事業)

地域で生活する高齢者や障害者がいきいきとした生活が送れるように、リハビリテーションに関する支援を行います。生活での困難課題を解決するための個別相談やリハビリテーションに関する理解を深めるための研修会を行います。

笛吹市東部長寿包括支援センター(笛吹市委託事業)

平成30年度より笛吹市から委託を受け地域包括支援センター(笛吹市一宮町・御坂町エリア)の運営を行います。センターでは、地域住民が住み慣れた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活が出来るよう、主に高齢者の相談支援を行っていきます。

地域リハビリテーション推進課

フレイル予防担当

フレイル予防を推進するため、フレイルチェックの市町村での導入支援を行います。

認知症カフェ担当

医療・福祉専門職を活用した認知症カフェを開催し認知症のある方・家族を支援します。

災害リハビリ担当

災害時に被災地へのリハビリ支援ができるよう研修を行い、派遣体制を整備します。

プロボノ担当

専門職としての知識・技術を地域のために役立てるボランティア活動を推進します。

訪問指導担当

僻地におけるリハビリテーションの普及を図るためセラピストが訪問支援を行います。

地域開放事業担当

地域に向けて、病院機能・リハビリテーションについて情報発信を行い、地域リハビリテーションを推進します。

地域密着型通所介護課

甲州デイサービスセンター 韮崎事業所
甲州デイサービスセンター きぼう

リハビリ専門職が所属している、半日型デイサービスです。
マシントレーニングや自主訓練、個別リハビリメニューを、専門職の評価のもとに決めていきます。また、料理や木工作業、編み物や手芸、脳トレメニューなど、様々な生活動作練習を行います。加えて、口腔機能や栄養状態の評価も行い、看護師による口腔機能訓練や、管理栄養士の栄養相談にも対応しています。
専門職による幅広い視点で、総合的に利用者様や地域のお皆さまの健康促進や生活改善を目指すデイサービスです。

※全事業所に、送迎サービスがございmす。事業所見学も随時受け付けております。
ご利用を希望される方は、担当ケアマネジャーにご相談いただくか、お近くの事業所へ問い合わせてください。

甲州デイサービスセンター きぼう 6事業所

・きぼう甲府中央事業所
・きぼう甲府西事業所
・きぼう甲府南事業所
・きぼう南アルプス事業所
・きぼう山梨事業所
・きぼう富士川事業所

詳しくはこちらをご覧ください

医療介護連携推進課

患者さんやご家族が抱える生活上の悩みや不安などの相談を伺い、支援していきます。医療費・住宅改修・退院後の日常生活や介護、職場復帰への不安、介護保険や各種保険の申請手続きや利用方法など、外来通院や入院に伴いさまざまな不安や疑問が生じてくると思います。それらに対し、院内の医師・看護師・リハビリスタッフなど他職種と連携を図りながら支援していきます。必要に応じて地域の関係機関や、ケアマネジャーとも連携を図りながら、社会福祉士や保健師、看護師、理学療法士が親身になって対応いたします。入院に関するご相談から始まり、入院中から退院後まで、患者さんや家族が地域の中で安心して暮らせるよう、支援に努めています。