リハビリテーション部

リハビリテーション部長からのメッセージ

一人一人の患者さんが生き生きとした生活を取り戻して、在宅復帰していくために、適切な評価のもとで、障害に応じた豊富な治療手段を提供していきます。また、病棟毎に配置したセラピストが多職種と連携して、病棟生活での活動を向上させ、在宅生活につないでいく支援をします。

 病院で働くセラピストと介護老人保健施設等で働くセラピストとの間でも連携をはかり、切れ目のない生活支援を提供します。

 患者さんの笑顔を引き出すために、共に語り、共に悩み、共に学び、共に成長していきましょう。

リハビリテーション部長  鈴木 雅也

私たちの目指すもの

リハビリテーション部のスローガン

 追及します 専門性を! 提供します 質の高いサービスを! 

  • 患者さんの心と体に寄り添えるセラピスト
  • 挑戦し続けるセラピスト を目指します!

リハビリテーション部目標

 一人ひとりの患者に合った活動の実現
  • 対象者の障害像に合わせたリハをチームで展開する
  • 退院後の生活に向けて活動を焦点化する
  • 生活時間・生活場所で、活動の評価と介入をする
  • 活動獲得に向けて根拠ある機能訓練を実践する
継続的な専門教育の実践
  • 経験に応じた明確なステップを構築する
  • 3年目で臨床実践の自立をはかる
  • 4年目からはテーマを持って専門性を追求する

リハビリテーション部のご案内  

理学療法

理学療法士(PT)は「寝返る」「座る」「立つ」「歩く」など、生活の基盤となる動作のスペシャリストです。けがや病気などで体に障害をおった方の、基本動作の再獲得のお手伝いを行います。  また、その効果を高めるために、新しい機器の導入もすすめています。  他の専門職と協働しながら、訓練室だけでなく、病棟・屋外・自宅・近くの公園など、患者さんの生活環境に出向き、活動を引き出していけるように関わっています。

作業療法

 「食事」「 入浴」「 家事」「 仕事」「 趣味活動」「 地域活動」など人の日常生活にかかわるすべての諸活動を『作業』と呼びます。作業療法士(OT)は、脳卒中や骨折、難病などで、障害をおった患者さんの機能改善を図るとともに、残された能力を生かして、その人なりのその人らしい生活を『作業』を通じて再獲得するためのお手伝いをします。訓練室での身体機能や認知機能の機能訓練と合わせて、病棟で食事・排泄・入浴などの日常生活動作訓練を行います。また生活状況に応じて、家事・自動車運転・復職などの社会的適応能力訓練も行います。退院前にはスタッフがご自宅を訪問し、住宅改修のアドバイスや介護指導などを行い、その人らしい生活が送れるよう支援します。

言語聴覚療法

言語聴覚士(ST)は、脳卒中や頭部外傷などの後遺症で、失語症や構音障害など、ことばの障害を持った方や記憶障害などの高次脳機能障害を持った方のコミュニケーション拡大のためのお手伝いをしています。

うまくことばが出てこない失語症の方には、その方に合わせた個別の訓練を行います。発音がスムーズにできない構音障害の方には口の体操や発音の訓練を行います。また、病棟で他の患者さんやスタッフとの会話や新聞やテレビの利用といった生活の場での訓練も行っています。食べ物が飲み込みにくいなどの摂食・嚥下障害の方には、飲み込みの訓練や食べ方を一緒に確認して、安全においしく食事が摂れるようにお手伝いをしています。

義肢装具士

義肢・装具は、治療・練習のための道具として、また失った手足を補う道具として活用されます。当院では、義肢装具士がより早い時期から、より良い義肢・装具を使って、患者さんの自立を支援します。