ご挨拶

 医療法人銀門会は「心をこめ 保健・医療・福祉で地域に貢献」のグループ理念のもとに昭和40年全国的にまだまだリハビリテーション専門病院が少ない時期に石和温泉を利用して石和中央温泉病院として開設されました。時代の流れとともに病院機能は変還し、現在は回復期リハビリテーション病棟と障害者病棟を開設するとともに在宅療養支援病院となり地域医療を推進しています。回復期リハビリテーション病棟は全病棟で最高ランクである回復期1および体制強化加算の基準を満たすとともに、日本医療機能評価機構による病院機能評価の審査も認証され山梨県最高水準の評価を受けています。

 地域においても山梨県リハビリテーション支援センター、高次脳機能障害者支援センター、笛吹市東部長寿包括支援センターを受託し、地域包括ケアをさらに推進するためこれらの受託事業と地域支援事業を統括する地域包括ケア推進部が結成され活動しています。この部門を中心に山梨県先端事業としてフレイル予防事業を東京大学、山梨県、笛吹市等と協力しながら進めています。さらに、今年度は日本栄養士会の認定を受けて栄養ケア・ステーションを開設し、フレイルを意識した地域の健康づくりを推進したいと思います。

 課題は山積みしていますが、理念実現に向けて邁進していきたいと思います。

院長 佐藤 吉沖