山梨県高次脳機能障害者支援センター

平成22年4月より山梨県からの委託を受けて、2013年度より高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業における支援拠点として活動しています。「高次脳機能障害」は少しずつ知られるようになってきましたが、当事者・ご家族への支援体制はまだまだ不十分な現状です。
高次脳機能障害を持つ方々が地域で安心して暮らせるよう医療・福祉・就労・教育等の関係者と連携し支援を行います。

高次脳機能障害は見た目ではわかりません

交通事故や頭部のけが、脳卒中や脳炎など脳の病気になったもしくは心肺停止を経験したことがある方の中には、
身体機能が回復した後でも、以下のような後遺症で悩んでいる方がいます。

お心あたりはありませんか?

  • すぐに忘れてしまう。新しいことを覚えられなくなった。(記憶障害)
  • うっかりミスや不注意が多くなった。(注意障害)
  • 生活や仕事で段取りが悪くなった。計画的に物事を進められなくなった。(遂行機能障害)
  • 思いこむと修正できない。気になることがあると繰り返し行う。(固執性)
  • 欲しいと思うと我慢が出来なくなった。ちょっとしたことで怒り出す。(感情コントロールの低下)
  • すぐに親や周囲の人に頼るようになった。子供っぽくなった。(依存性・退行)
  • 相手の気持ちになって考えることができなくなった。(対人機能拙劣)

交通事故やけが、病気の後、これらの症状がみられるようになった場合「高次脳機能障害」の可能性があります。

高次脳機能障害は、「見えない障害」とも言われ、さまざまな症状があり、またその症状は日によっても異なります。そのため、生活や仕事に支障が出たり、対人関係に問題が出てくる場合があります。この障害は外見上分かりにくいため、周囲の理解が得られにくく、ご本人やご家族の負担が大きくなっています。

こんな時にご相談ください

  • 高次脳機能障害についての情報が欲しい
  • 症状とどのように向き合ったらいいのだろうか
  • 医療・リハビリテーションについて知りたい
  • どんな福祉サービスが利用できるのか知りたい
  • 障害者手帳を取得するにはどうしたらよいか
  • 仕事のことで心配がある
  • 学校へ戻りたいが大丈夫だろうか
  • お金のことで心配がある
  • 自宅での生活に不安がある
  • 家族支援について   など

ご相談はこちら

ご本人、ご家族、支援に関わる方々からのご相談に対応します。相談には、費用はかかりません。
2名の支援コーディネーター(作業療法士・社会福祉士・公認心理師・臨床心理士)が窓口として対応します。
来所・訪問相談には予約が必要です。まずはお電話ください。

山梨県高次脳機能障害者支援センター(甲州リハビリテーション病院)

〒406-0032 山梨県笛吹市石和町四日市場2031
TEL:055-262-3121
FAX:055-262-3727
koshu.hbd@krg.ne.jp
月曜〜金曜 9:00〜16:00

その他、私たちは次の活動を行っています。

普及啓発活動

「見えない障害」と言われる高次脳機能障害に対しての理解と支援の輪を広げるため啓発活動を進めています。広報活動や高次脳機能障害を広く県民の皆様にご理解いただけるよう一般向けの講演会を開催します。

地域支援ネットワークの構築

 高次脳機能障害は、すべての世代の誰もがなる可能性のある後天的な障害です。障害をもっても地域で安心して暮らせるよう支援ネットワークの構築を目指し、さまざまな機関と連携していきます。

研修の企画・開催

医療・保健・福祉関係者などを対象とした高次脳機能障害に関する各種研修会を開催します。

高次脳機能障害に関する情報はこちら

  国立障害者リハビリテーションセンターでは、「高次脳機能障害情報・支援センター」を設置し、高次脳機能障害に関する情報を集約しホームページで公表しています。

高次脳機能障害情報・支援センターウェブサイト

山梨県高次脳機能障害支援マップ(2020年10月22日 更新) 

高次脳機能障害の当事者・ご家族の方々に向けて、社会資源情報をまとめた「山梨県高次脳機能障害支援マップ」を作成しました。支援者の方と一緒にご利用いただくと、より一層ご自身の気持ちに沿った社会資源情報を入手することが可能になりますので、お手元に備えていただき、ご活用ください。

(マップに掲載している機関・団体は、令和2年7月14日時点において、本県で把握している機関・団体のうち、ガイドマップの掲載について同意いただいた機関・団体です。したがって、県内のすべての支援機関等を網羅しているわけではありません。)

山梨県高次脳機能障害支援ガイドブック発行(2020年10月)

高次脳機能障害当事者やご家族の方々をはじめ、山梨県の多くの皆さまに高次脳機能障害を知っていただくとともに、障害の早期発見から適切な支援へつなげることを目的に「山梨県高次脳機能障害支援ガイドマップ」を作成いたしました。

ガイドブックには、障害の基礎的な知識をはじめ、地域の支援者および支援拠点が培ってきた支援技法や日々活用されている諸制度、当事者・家族会をはじめとする相談支援体制の情報を掲載しました。

このガイドブックが、高次脳機能障害を支える皆さまの支援のきっかけとなり、一人でも多くの高次脳機能障害を持つ方とその家族の、より充実した生活に寄与できることを願っております。

ガイドブックは下記からダウンロードしてご覧になれます!

令和3年度サテライト相談窓口開設のお知らせ

令和3年度、山梨県高次脳機能障害者支援センターのサテライト相談窓口を開設します。
当センターまで距離が遠く、来所相談が困難な地域の方は、是非ご利用ください。
県内4エリアに年間12回実施の予定で、エリアを越えたご相談や、峡東エリアからのご参加も可能です。
感染予防策を取り、個別相談やミニ講座を、ご予約時間に応じて行います。
詳しくはチラシをご確認ください。

※事前予約制です。まずは、お気軽にお電話ください。
 開始日2日前までにお申し込みがない場合には、開催を中止させていただきます。 

山梨県高次脳機能障害者支援センター トピックス

2021年5月24日 センター通信034 「令和 3 年度サテライト相談窓口開設のお知らせ」

トピックス

2021年03月24日 センター通信033 「センター開設10周年目の活動」
2021年03月03日 センター通信032 「令和2年度サテライト相談窓口開設を終了しました」
2021年01月22日 センター通信030 「コラム011:使って便利、キーファインダー」
2020年12月28日 センター通信029 「コラム010:ご注意ください、お餅の窒息事故」
2020年12月16日 センター通信028 「コラム009:防ごう、ヒートショック」
2020年11月30日 センター通信026 「令和2年度講演会をオンラインで開催しました」
2020年11月10日 センター通信025 「コラム008:みんなで防ごう、インフルエンザ」
2020年10月22日 センター通信022 「支援マップ・支援ガイドブックを是非ご活用ください」
2020年09月25日 センター通信020 「山梨県福祉保健部障害福祉課公式Twitter」 
2020年09月01日 センター通信018 「コラム007:災害への備え」
2020年08月19日 センター通信017 「コラム006:防ごう、水の事故」
2020年07月16日 センター通信015 「コラム005:事業者向け支援マニュアルをご活用ください」
2020年06月25日 センター通信013 「コラム004:早期発見・早期治療へ、FAST」
2020年06月15日 センター通信011 「コラム003:使ってみよう、アシスティブテクノロジー」
2020年05月22日 センター通信009 「コラム002:防ごう、交通事故」
2020年04月30日 センター通信008 「コラム001:熱中症にご用心」
2020年03月01日 センター通信006 「支援のはじめの一歩」
2020年02月04日 センター通信005 「日本の高次脳機能障害支援の歴史」
2020年01月05日 センター通信004 「支援コーディネーターとは?」
2019年12月02日 センター通信003 「高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは?」
2019年11月11日 センター通信002 「第1回甲州はつらつ祭り開催報告」
2019年09月23日 「令和元年度 講演会開催報告」
2019年09月02日 センター通信001 「山梨日日新聞掲載」

こちらのトピックスは、地域包括ケア推進部Facebookでもご覧いただけます!